人気ブログランキング |

改善が難しい命式

すべての命式が「用神」を定めて改善法を講じることができる命式ばかりではありません。

実際には「如何ともしがたい」「人間性が腐り切っていて」「ひたすら破滅に向っていく」としか言わざるをえないタイプの人たちが少なからず存在します。その人物の抱えている「宿業の深さ」を示すものです。

こうした「用神が意味をなさない命式」にはいくつかのパターンがあります。

・「身弱の三比の命」のように用神が定められない命式
用神が「破壊・妨害」されて全く機能しない命式
・用神に似ている「偽りの星」が溢れる命式
・「用神の星」が多すぎて逆に害悪をもたらす命式、など

例えば、用神を定めたとしても、用神を「妨害する星」が多すぎて「用神が全く機能しない命式」があります。

世間を賑わせている丸山穂高議員の命式などもこのタイプに近いでしょう。

改善が難しい命式_b0389986_00252032.jpg

真冬の丑月に生まれた身旺の癸水です。月令を得るだけでなく、亥丑で北方合し、天干に余計な癸水の比劫まであります。通根や比劫が度を過ぎており「亡神」と呼ばれる状態です。

このような「身旺の度合い」があまりに過ぎる命式は、極端なエゴイズム(自己中心性)や粗暴性・異常性を生み出すことは前回の記事でも触れました。

この命式には、用神の木星がちょろっと存在しており、これがバランス役となって、最初(若いうち)だけは彼を国会議員に導くだけの作用をしたのだと思われます。

しかしながら、この命式の最大の問題は「後天運の巡り方」です。
31~50才にかけて「庚申/辛酉」の金の専旺干支が巡って来ます。

これは「仇神」と言って、用神の甲木を完全に「木っ端微塵」に破壊します。用神の働きを妨害する星です。

そもそも、この命式では改善のために「甲木の食傷」を用神として重ねて用いていく必要があります。

自分の利得ばかりを考えず、先に他人の利益を考え、思いやりと優しさをもって他者に奉仕することが「身旺の毒抜き」となるのです。

政治家ならば、社会的弱者や福祉教育などに尽力することが大きくプラスに作用するはずですが、実際には命式がもともと備えていた「身旺」の「粗暴さ・身勝手さ・エゴイズム」をもろに露呈する形になりました。

このように「用神」と正反対の星用神を破壊し妨害して潰すような「仇神」が溢れてしまえば、たとえ用神を定めたところで、あるいは、命式内に多少の木星があったとしても無意味です。

用神は木っ端みじんに破壊されて機能しなくなるからです。

特に身旺の命式が、大運で「用神」を破する「仇神」が旺じる運に入ったならば、

もはや誰にも止められず、付ける薬が無くなります。
ただ自己破滅に向って偏固した意志で突き進むだけです。

壬癸水の身旺は、我が身を利するために「悪知恵」ばかりを働かせ、自分ほど賢い者はいないと思い上がる「傲慢さ」を持ちやすく、若い頃は何でも自分の思い通りに「我意を通して生きられる」という歪んだ錯覚や特権意識を持ちます。

しかし、大運(後天運)が進めば進むほど、自分の味方をしてくれる者が誰も周りにいなくなり、誰からも必要とされなくなっていることに気が付いた時点ですでに手遅れで孤独の極み」に陥り、後半生はただただ漂流・流浪するだけの惨めで虚無な人生を歩むことになるのがお決まりのコースです。だいたいにおいて「極旺の命式」は究極の空回り=ピエロを演じます。

水の身旺、火の身旺は、特に「自滅性・自己破壊性」が強い命式です。

洪水は全てを破壊し押し流し、火災は全てを燃やし尽くし灰に変え、後は何も残りません。

強欲を突っぱねて、我意を押し通して、自分の思うがままに自由に生きたつもりが、最後には孤独と流浪と虚無しか残らない、という「業の深さ」を展開していきます。

この命式では、後天運に「庚申・辛酉」の「仇神」の「金の印星」が重々と居座るわけですから、用神の「甲木の方向性」で思考や言動を働かせることはできず、むしろ、金の印星に導かれて異常な思想、偏固した知識や思考、自分に都合がよい歪んだ考え方に凝り固まります。

この人の偏った政治思想や信条は、こうした「仇神の印星」に由来するものです。

自分は誰よりも賢い、他人より知識を持っているなどと傲慢に思っていても、結局それは偏固して歪んだ思想や腐敗した知識でしかなく、自分自身を破滅に導く働きしかしません。

自分ではその愚かさに気が付かないのです。誰もこの人を止めることなどできません。後はひたすら破滅に向って自分から漂流していくだけです。

自分を制止して思い留まることができないのが「水の身旺」「火の身旺」の特徴です。

氾濫した水は「堤防」など軽がると超え出ていきます。自制心や自己反省や自己修正の心などが働くはずがないのです。自滅するに任せて放っておくしか無い無用の人物です。関わりを持たないことです。

また、冬月に生まれた水の身旺で、火星の暖気(財星)を欲してやまない命式
夏月に生まれた火土の身旺で、金水の潤い(財星)を欲してやまない命式

いずれも「財星」=女性やお金に対して激しく執着します固執性の激しさが特徴的です。

これら極旺の命式は、女性など自分の欲望を満たす道具のようにしか思っていません。

しかし、強欲を尽くして財を手に入れたと思っても、財は淡雪のようにすぐ消滅するのが特徴です。

どれだけドケチだとしても、財を安定して留め置く力はなく、財を自己破壊する力の方がはるかに強いのです。

酒や薬物に飲まれて自己を失い、女と金に固執して狂っていく傾向は、この命式がもともと示す通りの自滅の姿です。

このように、命式内に用神があるように見えても、実際には全く使いモノにならず機能しない命式もあるということです。

そのような命式は、若年期のほんの最初だけは(若いうちは)スムーズに本人の思うように物事が進むような「見せ掛けの事象」が発生しますが、途中から自滅的行為を繰り返して自らの人生を木っ端微塵に破壊していきます

そして、この手の人々は何を言って忠告しても無駄です。偏った考えや信条に凝り固まって暴走するしかできず、他人の意見など聞くことがありません。

by astro_suimei | 2019-06-01 00:47 | 著名人の命式研究