偏った命式の特徴をつかむ

四柱推命の古典で代表とされるのが『滴天髄』(てきてんずい)『窮通宝鑑』(きゅうつうほうがん)です。

『窮通宝鑑』は、四季ごとの命式の特徴を分類している古書ですが、この『窮通宝鑑』に習って<四季ごとの命式の傾向性>を見てみましょう。

(ちなみに、こうした古書をいくら読んでも実際の鑑定力はさほど向上しません。古書には古書の限界があり、現代の水準から見ればお粗末な内容や間違った理論が多々紛れていて必ずしも内容的に正しいとは言えないためです。)

なぜ四季月ごとに分類するのか?

それは「月支」が大きな力量を持ち、他の「五行の旺衰」を決定して、命式全体を傾ける主原因になるからです。

つまり、月支と同じ五行の星が多ければ多いほど「偏った命式」になり、四季月ごとの特徴がはっきり出てきます。
b0389986_08124709.jpg
例えば、夏季(巳午未)であれば、火が最強になり、土も発達しやすく、金や水は弱く枯渇しやすいのが自然の理です。そこに加えて、火や土の星が多くあれば、命式の傾きはいよいよ大きくなるでしょう。

このように、四季月ごとに、月支を中心として引き起こされる傾向性=命式の傾き、にはある程度の共通性があります。

例えば、甲日夏月(巳午未)生まれ、甲日冬月(亥子丑)生まれ、というだけの情報でも、その命式がそもそも備えている「命式の傾向性」※というのが分かります。

※ 何が悪神となりどのような作用を及ぼすのか?人間性や思考回路がどうなりやすいか?用神は何が必要になりやすいのか?

「四季月ごとの特徴」を背負って反映している命式が、すべての命式の「7割」近くになるでしょうか。

なので、日干 × 月支(四季月)によって、命式の大まかな分類をすることができます。世間のだいたいの方はこの「四季月の分類」に沿って大まかな傾向性が分かるのです。


もちろん、この大分類から外れる命式もたくさんあります。

「特殊格」(=強旺格や従格の類)がそうですし、他にも「月支以外の五行」ばかりが極端に多い命式がそうです。そういう例外は全体の2~3割ぐらいでしょうか。

例えば、夏月(巳午未)生まれなのに、地支が「亥子巳亥と水が多かったり、「申酉午酉」と金ばかり多かったり、といった例外がたまにあります。

こういった命式は、夏月生まれなのに、実質的には冬や秋に近い類型と見るべきでしょう。
b0389986_08124709.jpg
さて、雑気の月はどうでしょうか?

辰(4月)戌(10月)は専旺の五行がなく、明確な方向性に乏しい星ですから、他にどんな五行が命式内に多いのか?によって、いろんな方向になびいて変化していきます。

例えば、辰月であれば、湿土であり水局する支ですから

亥子が多く、天干に壬癸水があれば、辰は溶け出した泥水となり水の勢いに加担します。こうなれば、もはや「冬月と同じ分類」と見なければなりません。この辰には土や木の作用は微弱です。

しかし、寅卯辰寅のような並びであれば、東方合して木性が強く、土や水としての働きはほとんどありません。これは「春月と同じ分類」と見なします。

さらに、巳午辰午のような並びであれば、火星が強く、辰は「土の星」として専ら発達します。これは「夏月と等しい分類」になります。木や水の作用はほぼありません。

また、申酉辰酉のような場合は、辰中にはもともと庚や辛の蔵干はありませんが、酉辰で支合して金を産み出す働きに特化しやすく、ほとんど金性の味方にしかならない湿土になります。

ゆえに、これら雑気の月については、あまり分類自体が有効ではなく、かなり多様なパターンに枝分かれしていかざるを得ません。3~4ぐらいの可能性(分岐枠)を想定しておきながら、個々の命式ごとに特徴を読み取っていくしかないと思います。

四柱推命を初めて学ぶ方は、まず四季月ごとの「偏った命式」の特徴をよく学ばれると良いかと思います。

これは言い換えると
「月支」がどのような悪神となって、運勢や人格を傾ける作用を起すか?を把握するということです。

[PR]

by astro_suimei | 2018-05-29 23:01 | 偏った命式の特徴 | Comments(0)