小池百合子の命式

2016年(丙申)に都知事選挙や都議会で大躍進したが、2017年(丁酉)の衆院選で「希望の党」が大惨敗し、2018年(戊戌)になって、自身の地盤である練馬区でも議席を失い、すっかり鳴かず飛ばずになった小池百合子です。
b0389986_00414746.jpg
壬日で未月生まれ、土や火の干支ばかりが多い身弱の命式です。

天干に壬水の比劫があるために「自分を強く見せよう」と「強気に振舞う癖」はありますが、実質は強からずむしろ四面楚歌に陥りやすく、有力者・権力者にうまく擦り寄って(取り入って)身を処していこうとする傾向性は「地支」に雑気の支(=風見鶏)ばかりが多いことからも分かります。まさに「政界風見鶏」と言われるゆえんです。

天干の並びから見ても、ゴチャゴチャと厄介な干合を起しており、正直あまり良い命式とは思いません。(少なくとも一国の総理大臣が務まるような器ではありません)

月干に「丁火の財星」があり「壬丁壬」で「妬合」しています。2017年の衆院選前後(民進党との合併時)の「財を巡るトラブル」は、財星との干合によって生じた厄介事だろうと思われます。

干合論の記事でも書きましたが、「壬丁の干合」を何でもかんでも色情問題と結びつけないで下さい。

この命式は「女命」であり「丁火は財星」です。女命にとって財星は、お金問題の星でしかなく、男女の色情関係の意味はありません

b0389986_03514917.jpg
三柱の並びからして、女性でここまで政界にのし上ってこられた以上は、おそらく時柱にある程度の(日干を助ける)金水の星が入っているのだと想像できます。庚子、辛亥、壬子、辛丑、壬戌あたりのいずれかではないかと思います。(起している事象から見て「辛亥」あたりでしょうか)

この命式の特徴は「目先の損得」(利益)だけに聡く首尾一貫した長期的視野や政策ポリシーなどは無く、節操なく「目先のエサ」につられて、自分が脚光を浴びておいしい思いができる方向だけを求めて、あっちにフラフラ、こっちにフラフラを繰り返す性質です。

水の星(壬癸)は「知恵・思慮」の星ですが、通根の程度、源流の有無によって、考えが深いのか浅いのか、どれだけ一貫性があって深い考えのもとに責任ある言動が取れるのか?が変わってきます。

この命式は、もし時柱に亥子が無ければ日干無根の命であり、壬水=河川としての底は非常に浅く、深い考えや政策的信念(遠大な政策目標)などがそもそも欠落しています。

「クールビズ」やら「都民ファースト」やら、聞こえの良い大衆受けしそうな「軽いワード」を散りばめて、世間を化かすぐらいしかできない(超軽量級の)政治家だろうと思います。

夏月(巳午未)に生まれ、天干にも丙丁火が出ている壬癸水の命式は、別名「沸水の命式」と言い、

沸騰した水がお鍋の中で踊り狂って蒸発し空中に散じていくように、火星の財星(目先の喜び、短絡的利得、刹那的快楽)を求めて、あっちフラフラこっちへフラフラと身が定まらない傾向を持ちます。

大運で「庚子」の用神が到来しており、2016年(丙申)には「子申の水局半会」して身旺に近づき、丙火(太陽)を浴びてキラキラと脚光を浴びたことによる「都知事選の大勝」だったのだろうと思われます。

ちょうど豊洲市場の地下水が脚光を浴びたように、子申で地下水がポンプのように汲み上げられて水量が一時的に増したのでしょう。

しかし、2017年(丁酉)になれば、同じ財星でも「丙火の太陽」ではなく、干合を引き起こす厄介な丁火ですから、命式に潜んでいた「財を巡るトラブル」が実態化したのでしょう。

民進党との合併を巡り、持参金を持ってこさせよう、党首との写真撮影に〇万円持参だとか散々にバッシングされました。結局、民進党から奪いたかった政治資金は、彼女のものにはなりませんでした。

これは、原命式の「壬丁の力量関係」の通りです。

壬水は無力、財星丁火は月令を得て未戌に通根して力量が大きいのですから、相手をカモにできると思い、財を奪ってやろうと手を伸ばしたものの、かえって丁火の財星で大火傷して大損をさせられるはめに陥ったのでしょう。

今年は「戊戌」で岩山に堰き止められ、流れが完全に止まり水枯れる星回り。少なくともあと1~2年は政界の表舞台に返り咲くことはなさそうです。

[PR]
by astro_suimei | 2018-04-20 00:12 | 著名人の命式研究 | Comments(2)
Commented by june at 2018-11-06 23:18 x
こんにちは!興味深く、記事拝見させていただきました。実はわたくしこのお方と、非常に命式が似ています。ちなみに生まれ時間は巳時です。なので、非常に気になりました。

さて、そこで疑問なのですが、この場合、火が一番強いように見えて実は土も相当に強いのではないかと。火土同根とも言いますし。自分の中でこの命式、火が強いのか、土が強いのか、はたまたもしかして木化するということで木がつよくなるのか 謎です。天干に土の干さえ出ていなければ官殺大過にはならないと考えてよいものかどうか。ぜひ、そこのところお教えいただけたら・・・よろしくお願いします。
Commented by astro_suimei at 2018-11-08 20:10
ご自身の命式を書いて下さらないとなんとも言えませんよ。

乙壬丁壬
巳戌未辰 ならば

天干に丁火しかないので、地支の巳未は火星の専属の根となり、戌辰は土の星と考えることになります。

しかし、大運などで戊己土が巡れば、巳未は火と土の両方の作用を持つようになります。

干合論の記事をよく読めばわかるように、壬丁干合は月令が寅卯(もしくは東方合・木局)でなければ、木に化すことはありえません。


四柱推命/西洋占星術/ホラリー/五行易 などの実践研究を行うサイトです


by アプレイウス=ルキウス

プロフィールを見る

最新の記事

死生観と輪廻転生について
at 2018-11-29 07:35
西洋占術の背後にある思想 -..
at 2018-11-28 07:39
運命と自由意志について
at 2018-11-26 23:58
古典風水の基本のき ~ 玄空..
at 2018-11-21 07:35

カテゴリ

全体
四柱推命の基本
十干論
地支論
旺衰論
通変論
用神論
大運論
恋愛結婚運
偏った命式の特徴
練習問題(構造分析)
著名人の命式研究
人間論・人生哲学
西洋占星術
雑記
五行易(断易)
風水学・方位占

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
恋愛・結婚

ブログパーツ