易占~東洋の神秘

たまには別の占いのお話も

占いにもジャンルというか分類があって
「命」「卜」(ぼく)「相」の3ジャンルに分けられます。

「命占」はその人の生年月日(天文暦)をもとにして、その人自身の性格や能力、人生全体の傾向性、将来発生しやすい事象を読み取るもので、東洋占では「四柱推命」「紫微斗数」が、西洋では「占星術」(ホロスコープ解読)が代表です。

この「命占」はほぼ「学術」と言ってよいほど理論が体系化されていて、修得するまでに時間も掛かるし、論理的思考力がある人、根気強さがある人には向いていると思います。

喩えるならば「灯台の光」「航海における羅針盤」でしょうか。広く遠くまで照らし出すことができ、進むべき人生の大きな指針や開運の方向性、航海上の難所を示すことができる大局観に立った占いと言えるでしょうか。

これに対して「卜占」は「お手元の懐中電灯」のようなもので、ごく直近の出来事(足下だけ)にのみスポットライトを当てて成否を見るもので

東洋占では「易」や「六壬神課」が代表、西洋占だと「タロット占い」「ホラリー占星術」が有名でしょうか。

ホラリー占星術だと、問題が発生した時刻、質問が立てられた時刻を捉えて「天体図」(ホロスコープ)を作図して、問題を所管する天体(夫のことなら太陽、財産だと金星といった表示天体)がどの宮・星座にあって、どういう状態か?を見ていくわけです。

ちなみに、「相」とは、人相、手相、風水、姓名判断など、モノの「形状に宿る運気」を読み解いていく占いで、それ自身がメインになるというよりは「命占」「卜占」を補助する占いと考えるのが妥当だと思います。

なので、私は「改名」だけ「風水調整」だけで開運します、といった安易な触れ込みはあまり信用していません。これらはあくまでオプション的に作用するものであり、その人が持って生まれた(四柱推命等で読み取る)運命傾向の方がはるかに強力です。どんなに名前を変えても、どんなに住まいを変えても、本人自身が変わらなければ運命の落とし穴はそう簡単には避けられません。
b0389986_22235644.gif
「卜占」だけでは近視眼的になりすぎて、質問者自身の性質や運命傾向を考慮していないという欠陥があるので、やはり全てのベースになるのは「灯台」としての「命占」かなという気がします。

たとえば、ある女性が来られて「彼と結婚できるか教えて下さい」と尋ねられた場合に、命占と卜占では答え方(占う視点)が異なります。

「卜占」は単に「結婚できそう/できなさそう」「良いか/悪いか」「相手がどんな風に思っているか」といった ごくごく直近のピンポイントな情報だけを伝えるわけですが

命占では、そもそも女性自身が持っている恋愛傾向(陥りやすい落とし穴)がどうなのか?結婚に向いている性格なのか?相手の男性はどんな人物なのか?相手と助け合える関係性になるのかどうか?人生全体の運気から見て今がどういう時期なのか?という全体観で捉えていくわけです。

このように「命占」の得意とする領域、「卜占」の得意とする領域は異なっているので、多くの占い師は「命占」と「卜占」を組み合わせて補って使っている人が多いようです。東洋占だと四柱推命と断易(五行易)、西洋占だと占星術とタロットが定番でしょうか。
b0389986_21295103.jpg
私は最近「断易」(五行易)を学び始めたのですが、易も歴史が古いだけあって奥が深いですね。日本人は「易」と聞くと、道端で筮竹を立てて占っている易者を想像しますが、あれは正確には「周易」と呼ばれる占いです。

「易占」にも3つの種類があります。「周易」「断易(五行易)」「梅花心易」の3つで、後者2つは「周易」とはそもそも全く異なる占いです。

「断易」は、四柱推命と理論上共通する部分(五行や地支論)が多く、六壬神課を簡略化したような占いですね。

b0389986_21375475.jpg
「六壬神課」は平安時代に陰陽師たちが用いたことで有名な占いで、梅花心易と同じように、質問者がやって来て伺いを立てた「時間」を根拠にして上のような課式を組み立てます。


「1課」が質問者自身を示し、「2課」は質問者の属性や付帯状況、「3課」が相手や対象物(懸案事項)を示し、「4課」がその属性と付帯状況を示します。さらに、「初伝」が事の発端、「中伝」が途中経過、「末伝」が物事の結論、という時間的推移を示しています。

「子孫」「妻財」「官鬼」というのは、四柱推命でいう「通変」と同じで、食傷、財星、官殺に相当します。「玄武」「朱雀」「青龍」といったのは「十二天将」と呼ばれる要素で、具体的な情報を付与するものです。

吉凶判断の決め手になるのは、地支の関係性で、1課と3課、1課と末伝、3課と末伝の 3者関係にウエイトを置くようです。

上の課式だと、本人を示す1課は「丑」で初伝・3課と「子丑の合」、3課と末伝は「子辰」の水局で吉関係となります。全体的に沖破や剋が少ないため、物事が和合して纏まる、とおそらく判断するのでしょう。

「断易」の場合は、この六壬の1課(体)が「世爻」3課(用)が「応爻」となり、時間的推移を示すものが「動爻」(之卦)に当たるのだろうと思われます。判断の枠組みは非常によく似ていて兄弟のような占いだと思います。
b0389986_22023124.png
六壬神課は「課式」を出すのが非常に手間が掛かるので、断易のほうが簡略化されてて使いやすい感じがしますね。課式を立てる煩雑さから六壬神課が倦厭されて衰退し、歴史的に断易のほうが主流となっていったのかもしれません。

日本の占い師で「六壬神課」を専門としている人は圧倒的少数派で、デパートの占いコーナーとかで「六壬」をやってる占い師さんを見かけると「天然記念物」「絶滅危惧種」を見つけたような(それ自体がある種ラッキー?な)気分になります。

「断易」では、立てられた「六十四卦」の1つ1つの爻に「十二支」を配当して、月支・日支との関係、五行の相剋を調べて吉凶を判断するようです。
b0389986_22090625.png
日本ではなぜか「周易」が圧倒的に多数派なのですが、台湾では易と言うと決まって「断易」の方を指すらしいです。

森羅万象を「2進数」(陰と陽)で分析分類していって「八卦」(天・沢・火・雷・風・水・山・地)に分類し、さらに八卦を掛け合わせて「六十四卦」によってあらゆるものを表現しようとするのが「易の世界観」です。

かなり前の話ですが、私自身が転職を考えていた時に、町の易者さんに「周易」で3つの選択肢を提示してそれぞれ立卦してもらったことがありました。
b0389986_21292019.jpg
1つ目の選択肢については「風火家人」の4、2つ目の選択肢は「風天小蓄」(爻位は忘れました)、3つ目の選択肢は「水天需」だったかと思います。(結果として1つ目の選択肢に進んで今に至るわけですが)

「風火家人」だと、内卦が「離火」、外卦が「巽風」で、焚き火や家の竈の火から煙が立ち上って、風にたなびいている様子を表しているわけです。
b0389986_22154905.png
このように「六十四卦」そのものが持つ意味6つの爻位(変爻)から解釈するのが「周易」です。

「断易」は「六十四卦の象」そのものを見るというよりも、6つの爻に配当された十二支や五行の関係を読み解いていくわけなので、どちらかと言うと四柱推命に近い理論の占いなのかもしれません。

「易」は歴史上の起源も相当古いですし、まさに東洋の神秘って感じですね。

[PR]
by astro_suimei | 2018-03-25 21:16 | 五行易(断易) | Comments(0)


四柱推命/西洋占星術/ホラリー/五行易 などの実践研究を行うサイトです


by アプレイウス=ルキウス

プロフィールを見る

最新の記事

死生観と輪廻転生について
at 2018-11-29 07:35
西洋占術の背後にある思想 -..
at 2018-11-28 07:39
運命と自由意志について
at 2018-11-26 23:58
古典風水の基本のき ~ 玄空..
at 2018-11-21 07:35

カテゴリ

全体
四柱推命の基本
十干論
地支論
旺衰論
通変論
用神論
大運論
恋愛結婚運
偏った命式の特徴
練習問題(構造分析)
著名人の命式研究
人間論・人生哲学
西洋占星術
雑記
五行易(断易)
風水学・方位占

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
恋愛・結婚

ブログパーツ