身旺?身弱? 練習問題を解いてみるの巻

これまでの記事で、四柱推命のもっとも基本のところはほぼ網羅したかと思います。

実際の生年月日から、命式を立てて実際の鑑定に入るまでのプロセス(前準備)を実践的に練習してみましょう。

命式自動生成サイトを使ってもよいのですが、初学者は「干支暦」を開いて全部イチから作業してみることをおススメします。その方が「命式の構造」(どういう仕組みで年月日時の干支が決まっているのか)を理解するうえで有益です。

【例題】 1962年1月20日 午前3~5時生まれ 男性

(1)命式を正しく作成しなさい

   ・日干は?月支は?
   ・大運干支の順序を正しく出せていますか?
   ・大運の区切りの年齢を間違ってませんか?

(2)天干・地支の力量を分析する

   ・この命式はどの季節に属しますか?
   ・月支の旺気=最強の五行は何ですか?
   ・各地支の蔵干はどういう構成になっていますか?
   ・どの天干が、どの地支に通根していますか?
   ・地支に会局・方合・七沖はありますか?
   ・天干に干合はありますか?
   ・天干はどんな通変ですか?
   ・月支の旺気はどんな通変に当たりますか?

(3)日干の強弱を考える

   ・身旺ですか?身弱ですか?
   ・そう判断する理由は何ですか?
   ・特殊格局になっていませんか?
   ・身旺/身弱の程度はどのぐらいですか?
    (極旺、身中寄りの身旺、身中、身中寄りの身弱、極弱など)

(4)忌神/用神を大まかに推定してください

   ・この命式における忌神・悪神は何ですか?
   ・身旺/身弱から考えて、用神・喜神になりうる候補を挙げて下さい
   ・忌神の通変は何ですか?用神の五行・通変は何ですか?
   ・以上のことから、どのような運命的傾向性があると言えますか?

(5)大運との相互作用を読み解く

   ・大運の推移によって日干の強弱がどう変化しますか?
   ・大運のどこに用神・喜神が巡りますか?
   ・大運のどこに忌神・悪神が巡りますか?
   ・大運において会局・方合・七沖・干合が発生しますか?
   ・大運干支の通変から、どんな事象が推測できますか?

⇒ 別記事で回答例を書きますので、しっかり考えて実践練習に励みましょう。

実際にやってみれば自分がどこを分かっていないかが判明します。

四柱推命の鑑定力が上達するためには、上に列挙したポイントをいろんな生年月日で練習して、基礎理論に基づいて行った事象推測と、実際に起している事象内容が合致しているかどうかを検証する積み重ねが必要です。

<追記> 年月日時の八字と大運干支だけ加えておきます。

もちろん、1月生まれ(立春以前)は前年の年柱干支になるってことは分かってましたよね?

甲 戊 辛 辛
寅 午 丑 丑

庚 己 戊 丁 丙 乙 甲 癸
子 亥 戌 酉 申 未 午 巳

[PR]

by astro_suimei | 2018-03-16 07:35 | 練習問題(命式構造分析) | Comments(0)