身旺と身弱の判断(2)

今回は少し判断が難しい微妙な例を挙げてみましょう。

(1)月令を得ているのに身弱

月令を得ている命式は、基本的には身旺と判断すべきと書きましたが例外が存在します。
b0389986_22170111.jpg
上の命式は、丙日で午月に生まれていて「月令を得て」いるし、時干には丙火の比劫までありますから「身旺」だと早とちりしがちな命式です。

しかし、月支の午以外には通根できる支はなく、午の両側には子水と亥水があって水剋火(午と子は七沖)で攻められています。(子申で水局し、子亥で方合して水勢が強い)

午火は大きく減力して痛んでおり、
日干にとって安定した根とは言えない部分が出てくるのです。

喩えるならば、立派な巨木が立っているように見えても、地中深くに害虫の巣があって、見えないところで木の根が全部かじられて腐ってしまっているようなものです。何事もなければ平時は、見た目だけは立派な巨木(身旺)のように見えるわけですが、ちょっとでも強風が吹けば、すぐ根が抜けて派手に倒れてしまうような姿です。

このように、根となる地支が隣接する支からの剋・沖を受けて痛んでしまっていることを「抜根」と言います。

この命式は、天干に丙火の比劫があり、いちおうは月令を得ているので、自信家で行動力があるパワフルな身旺のように一見みえるのですが「見掛け倒し」で、困難にぶつかるとすぐに投げ出して諦めてしまい諸事完遂することができにくく意思薄弱に転じる傾向がある「身旺の身弱」と判断します。

このように、月令を得ていても他の2~3支によって月支が剋・沖を受けていたり、

年日時の3支で方局団結して他の五行の勢いが強すぎる場合は、必ずしも身旺にならない場合があります。

(2)単純な身旺とは異なる「印多の命式」

身旺とは、日干が「月令」を得ているか
月令を得ていない場合は、(月支以外の)最低2つ以上の地支に通根している命式であると考えてよいのですが

日干が通根していないのに「身弱」とも言いいがたい命式があります。
b0389986_22365965.jpg
印星が旺じる月に生まれ、印星が多すぎる命式は、いちおうは身旺の範疇に入るのですが、日干が通根しているタイプの典型的な身旺とは性質が違います。

また、男性と女性とで事象に大きな違いが出ます。女性はキャリア志向の働き者(専門職の職業婦人)になります。
このような印が旺じる命式を「印に埋もれる命式」と言ったりもします。

女性の場合は勤勉になるのですが、男性の場合には「人格劣化」が著しく、日干自身が通根していないため、主体性や決断力に乏しく、優柔不断になりやすく、他人ばかりをあてにしやすい依頼心が強いズボラな人間性になります。甘やかされて育ったマザコン傾向があったり、引き篭もり/ニート/オタクになりやすいのがこの印多の命式です。

(3)大運によって旺衰が変化しやすい命式

身旺・身弱を定めにくい命式もあります。
b0389986_22515325.jpg
この命式は、巳月に生まれて月令を得ていますし、
天干に日干を減力させる財星(庚辛)官殺(壬癸)もありません。

「身旺」であると断言したくなる命式ですが、よくよく見ると、

巳以外の地支は酉・申・丑であり、局や方合によって金を強める潜在的配合になっており、しかも、月支の巳自身が「酉丑巳の金局」に関わる支です。
b0389986_00121983.jpg
月支(季節は夏)巳で、その旺気は「火」であるので、原命式だけでは「巳」はもっぱら火としてのみ作用して、金局には組みしていません。

しかし、後天運(大運)酉申・庚辛の運気に入れば(季節が秋に転じれば)、月支の巳は火としての作用が弱まり、酉巳丑の金局に加担するように寝返ってしまう可能性を孕んでいます。

そうなれば、日干は支えとしての根を失って、一気に身弱(財星大過)に転落してしまいます。

このような構造を持っている命式は、元命式だけを見て身旺・身弱を決めるのではなく大運の流れを良く見て、どこで「身弱」に反転するかをよく精査しなくてはなりません。

後天運によって日干の強弱(旺衰)が激しく変化するこのような命式は、日干の強弱に伴って用神を決め直す(必要な用神が途中で変わる)場合が多いのです。

(1)や(2)で挙げた命式は、大運の推移の中で(3)の命式のように「日干の強弱」が急転するようなことはなく、(1)ならば身弱、(2)ならば印多身旺、の傾向性はずっと生涯変わりません。ゆえに、命式を整えるために必要な用神もずっと一貫しています。

実は、原命式が均整の取れた「身中」に近ければ近いほど(3)の命式のように後天運の推移に伴って日干の強弱がめまぐるしく変化しやすくなり、用神が一貫しにくくなる傾向があります。

その意味では、必ずしも原命式において完璧な「身中」である必要性はないということです。

「身弱」であれ「身旺」であれ、その人にとって必要な用神(努力)の方向性がはっきりしているほうが開運もしやすく、1つの道をひたすらに追求していけばよいわけですから、ある意味ではあれこれ迷わずに済む、とも言えるのです。

大運の推移でちょうど25~55才ぐらいに用神・喜神の後押しがやって来て「身中」に近づくような命式が一番開運しやすいタイプと言えるのかもしれません。

つまり、原命式そのものは「欠けているパズル」でも構わないのです。

欠けているピースは「用神の五行」ですが、それを本人の自覚的努力や後天運の後押しによって、後天的に「埋め合わせる」ことができれば、実質的には「身中」の姿に近づくことができるのです。

[PR]
by astro_suimei | 2018-02-26 23:04 | 旺衰論 | Comments(0)