竹内涼真さんの命式

丁火の有名人つながりで最近話題の竹内涼真さんを見てみました。
b0389986_23021665.jpg
ちょうど強力な用神の星「甲寅」が大運で到来していることが
この人を短期間で人気者スターに押し上げたことが分かります。

しかし、その用神の木星があと2年もすれば切れてしまいます
確かに今は人気絶頂ですが、2年後を考えれば危ういところがあり
身の処し方に注意しなければ、2020年ごろに足を掬われる危険があります。

雑気の辰月に生まれていますが、酉金があり丑があります。
酉と辰は支合という特殊な関係で結び付きあう作用もあり
酉と丑は金局を結ぶ支で、潜在的に財星の金を強める構造をしています。

日干の丁火が通根する午巳未の支がなく、もともと身弱なのですが
月干に丙火があるために、快活・積極的・男性的に「見える」のでしょう。

しかし、天干に並ぶ火星と、地支に旺じる金の財星とでギャップがあり
見た目の印象と、本人の内面やプライベートな性質はかなり異なる人です。

天干に出ていない(目には付かない)ところで、
地支にのみ金の財星が、酉丑や酉辰で局・合して旺じるということは
世間の目に触れないところで、女性関係が複雑で賑やかだということです。

大運で「甲寅」の用神がいる間は、難をうまく隠す作用が働いて
女性問題が露見して、それが本人に不利に働くことはありませんが

用神の木星があと2年で去ってしまえば、次の大運は「癸丑」であり
急激に「身弱」に転落し、癸水の官殺によって剋され始めます。

しかも、2020~2021年には、年運で庚子・辛丑が来て
地支に隠れていた「財星」が天干に顕われてくるわけですから

2021年の辛丑は、丙辛の干合で社会運の月干が揺らぎ
丑酉丑の重なる金局で女性関係が複雑を極めます)

プライベートでは隠れて見えなかったゴチャゴチャした
女性問題(複数の女性とのややこしい絡み)が一気に露見して
かなりのバッシングを受けそうな予感がします。

このように、大運が大きく切り替わる時には
いつに増して自重して慎重を期さなければならないのですが

おそらく、今が「わが世の春」の大絶頂期にいて
イケイケ気分で有頂天にいるでしょうから
難を避けるような慎重さが働かない可能性が高いですね。
少し心配な命式だといえます。

[PR]
by astro_suimei | 2018-01-25 23:19 | 著名人の命式研究 | Comments(0)


四柱推命/西洋占星術/ホラリー/五行易 などの実践研究を行うサイトです


by アプレイウス=ルキウス

プロフィールを見る

最新の記事

死生観と輪廻転生について
at 2018-11-29 07:35
西洋占術の背後にある思想 -..
at 2018-11-28 07:39
運命と自由意志について
at 2018-11-26 23:58
古典風水の基本のき ~ 玄空..
at 2018-11-21 07:35

カテゴリ

全体
四柱推命の基本
十干論
地支論
旺衰論
通変論
用神論
大運論
恋愛結婚運
偏った命式の特徴
練習問題(構造分析)
著名人の命式研究
人間論・人生哲学
西洋占星術
雑記
五行易(断易)
風水学・方位占

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
恋愛・結婚

ブログパーツ