辛金の性質

陰の金で宝石や貴金属の星です。剛鉄の庚とはまったく性質が異なります。
b0389986_10452327.jpg
洗練されて美しく輝くことを喜びとする星ですから、美しい幻想やロマンティックな綺麗ごとの世界で生きて行きたいと夢みがちな人です。

世俗のドロドロした汚い世界に染まりたくない、どこか浮世離れした感覚を持っている人かもしれません。

辛金の理想的な命式は、申酉に通根して身中以上で、壬水(食傷)によって洗われて洗練されて光を放ち、水が旺じすぎず、埋金の土を防ぐために甲木(財星)を備えている命式です。

このような配合の命式は、才能を発揮して世間に認められ活躍する「才能発揮型」「商売人型」としてフリーランスな活動が向いています。
b0389986_12403217.jpg
弱い陰干(貴金属や宝石)ですから「火の官殺」による剋を嫌います。火で炙られるとすぐ熔けてしまいます(熔金)

ゆえに、冬月の寒冷が極まるような状況でしか火を必要としません。

また、庚金と同じく土の印星をも嫌います
土が付くと汚れてしまい宝石の価値が下がり、世間に出られなくなる埋金を起こします。

(ごく稀に「熔金」を起している身弱の命式では、己土が鋳型となって突然死などから命を守る代理的用神となることがありますが、そもそも土の印星自体は良い作用はしません)

[PR]

by astro_suimei | 2017-11-07 10:54 | 十干論 | Comments(0)