剋せる土、剋せない土

五行の関係では「木剋土」(木は土を剋して弱めることができる)とあります。

しかし、実際には、木が剋すことができる土と、剋すことが難しい土があり、いつでも「木剋土」が成立するわけではありません。
b0389986_22183894.jpg
剋せるか剋せないかの境界線は、土自体に水分が含まれているかどうか、あるいは、土の近くに水の干支が存在しているかどうか?にあります。

土には「燥土」と「湿土」の違いがあります。
b0389986_22180839.jpg
戊土、未、戌 は 水を含まない乾燥した土で「燥土」
己土、丑、辰、は 水を含んだ柔らかい土で「湿土」

甲木にとって、剋しやすい土は「湿土」であり、水を含まず硬い岩盤のような戊土や戌はそのままでは剋することが難しい土なのです。

よって、命式や大運にある「戊土を剋す」ためには、大量の水が必要になります。命式内に亥子や壬癸があるか、大運で水の干支が巡って来ないことには、硬い岩盤を柔らかくして木の根を伸ばすことはできません。

[PR]
by astro_suimei | 2017-11-05 22:27 | 四柱推命の基本理論 | Comments(0)