後天運(大運・年運)について

命式は、その人の持って生まれた言動の傾向性、性格、運勢傾向を示す「遺伝子」のようなものです。しかし、命式だけを見ていても実際の具体的なことは分かりません。

大運や年運という後天運からの刺激・触発を受けて、命式との間で化学反応が起こるようにして、様々な変化が起きてきます。


<大運>
10年ごとに区切られる後天運で、命式の月柱から延長された干支になります。

つまり、命式の一部と言ってもよく、その個人にオリジナルの後天運を示します。

月支が「午」の人は生まれた時点の命式の季節は「夏」ですが、大運が「未⇒申⇒酉⇒戌⇒亥」と変化して行くことによって、命式の季節が「秋から冬」へと移動していくような変化が起こります。(春夏秋冬と順に回る場合と、春冬秋夏と逆に回る場合の2通りがあります)

月支は「季節」を示し他の支の3倍以上の力量を持っていたように、大運も「支」が決定的な支配力を持っています

大運支は「月支」と同等もしくはそれ以上の力量を持っていると理解すべきです。

ということは、その大運の期間の良し悪しは「支」の働きを見ればおおよその予測ができます。

大運は、前半の5年弱は大運天干が先に発動しやすく、後半の5年は大運支の方が中心に作用します。

天干と地支には発動速度に違いがあって、天干は早く、地支はゆっくりと作用するからです。

大運の10年間には、天干の作用によってキッカケとなる事象が起された後、その結果・帰結は「支」の作用によって決まる、と言えます。

このように、命式の季節を一変させるような変化を起すのが「大運」で、命式に大きな力量の変化を生じさせます(=力量論)

さらに、十干と十二支の特殊法則もあって、三合会局、方合、七沖、干合、が発生することで、それまで何の影響も及ぼさなかったもの(閑神)が急に力量を得て作用を始めたり、悪神や用神が強くなったり弱くなったり、日干の力量が強くなったり弱くなったり、という大きな変化が起こります。

例えば、庚寅という大運には、最初の4~5年は庚金が先に作用をして、後半の5~6年は寅木が大きな影響を及ぼします。庚金が先に発動してキッカケとなる現象を起こします。その後、寅木がその事象の結果・帰結をもたらします。

ただし、庚申のような専旺干支(同一五行)の場合は、10年間ずっと同じ五行(金)が支配すると考えます。

ちなみに、大運の区切りは0歳~9歳まで違いがありますが、これは立運計算というもので算定されています。現在は命式自動生成のアプリやソフトがあるので、特にカラクリを知らなくても勝手に計算してくれます。(詳しくは、生まれ日から節入日までの日数を割って算出しています)

実際には、0.8ヶ月、3.5ヶ月という端数があるので、大運の厳密な区切りの年令には誤差を含んでいます。実際には、21才と8ヶ月とか、46才と3ヶ月という風になっています。


<年運>
これに対して、毎年の干支(2017年は丁酉、2018年は戊戌)は、大運とは違って、万人に等しく訪れる「公のもの」です。

年運については、天干も地支も同等の力量です。どちらがどのように作用するかは、個々人の命式や大運との相互作用によって決まります。

なので、おなじ年運であっても、人(命式)によって、吉にもなれば凶にもなる違いが発生するわけです。

このように、大運・年運といった後天運との関係を読み解くことは、四柱推命において鑑定の基本です。

たまに、命式だけを見て「大運」を見ないで吉凶云々いう占い師がいますが、こういう輩は「エセ四柱推命」にすぎません。

さらに、一柱(日柱)だけで云々言っている人(日柱が庚申だからどうこう等)がいますが、こんなものは論外です。

四柱推命の鑑定は、命式の1部分だけを見ていても仕方がないのです。命式全体の力量関係、大運によって引き起こされる力量関係の変化が分からなければ、何も正しいことは判断できません。

[PR]

by astro_suimei | 2017-10-25 21:12 | 四柱推命の基本理論 | Comments(0)