通変による事象推察法-比劫

比劫、食傷、財星、官星、印星、といったワードがちらほら出てますが、いったい何なの?という話です。

これは「通変」という記号のような仮称で、ある五行から別の五行をみたときにそれがどのような作用を起しやすいか?ということを分類したカテゴリー名です。
b0389986_00321187.jpg
自分と同じ五行・・・比劫(自星)
自分が生む五行・・・食傷(漏星)
自分が剋す五行・・・財星
自分を剋す五行・・・官星(官殺)
自分を生じる五行・・・印星 となります。

「通変」を用いることで、事象の推察がしやすくなるのですが、通変にはもともと固定した吉凶はありません

例えば、「比劫」は「身弱」の命式にとっては吉(用神or喜神)になることが多いですが「身旺」においては凶(悪神)となります。

「通変」に固定した吉凶はなく、日干の強弱、命式の属する季節(月支)との関係によって、「ある同じ通変」が、この命式においては「吉」(用神)となるが、別の命式においては「凶」(悪神)にしかならないという判断の違いが生まれます

これが「ちまたの当たらない元命星・通変星占い」「本来の正しい四柱推命」の最大の違いです。ここを理解できないと、おそらく永遠に「ホンモノの四柱推命」に辿り着くことはありません。

ちまたの通変星・元命星占い(=ニセモノ四柱推命)では、印綬・正官・食神・正財は「大吉」であり、偏印・傷官・劫財は「大凶」である、というように「通変」に固定した吉凶があらかじめ存在しているように説いています。これこそが「誤った理論」です。

最近はさすがに、こうしたおみくじ的なレベルの「通変星占い」「元命星占い」は流行らなくなってきつつあり、その的中率の低さから信頼を失いつつあるようです。誤占によって人々を惑わす間違った理論が駆逐されていくのは好ましいことです。

さて、「おみくじ的な通変星/元命星占い」から脱却して、「日干の強弱」を中心として「必要な五行」を求めようとする「比較的まっとうな四柱推命」が「次の段階」です。この段階では以下のようにして用神を決めます。

「身弱」には、日干を強める「比劫」、日干を生じる「印星」が用神になり

「身旺」には、日干を弱める「 食傷・財星・官星」が用神になる

この理論だと先ほどの「元命星・通変星占い」よりはだいぶマシな理論なのですが、まだまだ鑑定理論としては初歩的なものにすぎず、用神の決め方もあくまで大雑把な一般論に留まります。

十干はそれぞれ性質が違い、季節(月支)ごとの変化相が大きく違っているので用神」の取り方は例外が多いというのが実態なのです。

身弱であっても「印星・比劫」が用神にならない(かえって害を及ぼす)ケース
身旺であっても「食傷・財星・官星」が用神にならないケースも実際には多々あります。

なので、命式の「用神」を正しく理解推測できるようになるためには、十干それぞれの性質、また、春夏秋冬(四季月)における十干の変化相を熟知し、忌神(悪神)の作用と対策について知らなければなりません。

<比劫(自星)>

日干と同じ五行で、無条件に日干を強める働きをします。

ただし、陰干の比劫は力が弱いため助けにはなりません。用神として用いられるのは陽干の比劫だけです。

甲乙木が弱い時に、乙木が来ても何の助けにもなりませんが、甲木であれば強めることができます。

他の五行でも同じように、丙火、戊土、庚金、壬水でなければ日干を強める働きはありません。

身弱の命式にとっては、諦めずに頑張る根気、自分で状況を打開しようとする気概・勇気を与えます。

また、人生上の目標や目的意識をはっきりさせ、他人ばかりあてにしないで自分の足でしっかり自立するように促します。

また同僚・部下や同性の友人からの援助の星ともなります。

身旺の命式においては、自我・自己主張が強すぎる、人との闘争心、自己中心性、エゴイズム身内や友人が足を引っ張る身内で財産を奪い合う骨肉の相続争い、といった事象・弊害をもたらします。

ここでは「通変」を10個に呼び分けることは(まったく意味が無いので)していませんが、

ちまたの「通変星占い」でいうところの「比肩」は身弱の用神になる場合の吉作用、「劫財」は身旺の悪神になる場合の凶作用、と考えてよいかもしれません。

[PR]
by astro_suimei | 2017-10-27 00:01 | 通変論 | Comments(0)


四柱推命/西洋占星術/ホラリー/五行易 などの実践研究を行うサイトです


by アプレイウス=ルキウス

プロフィールを見る

最新の記事

死生観と輪廻転生について
at 2018-11-29 07:35
西洋占術の背後にある思想 -..
at 2018-11-28 07:39
運命と自由意志について
at 2018-11-26 23:58
古典風水の基本のき ~ 玄空..
at 2018-11-21 07:35

カテゴリ

全体
四柱推命の基本
十干論
地支論
旺衰論
通変論
用神論
大運論
恋愛結婚運
偏った命式の特徴
練習問題(構造分析)
著名人の命式研究
人間論・人生哲学
西洋占星術
雑記
五行易(断易)
風水学・方位占

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
恋愛・結婚

ブログパーツ