十二支の特殊法則-局と方合

十二支には、特定の支が集まるとセットで特殊な相乗効果を発揮する組合せがあります。

<方合>

同じ季節・方位に分類される3つの支はお互いに団結してますます強くなります。この「方合」が完全成立すると大きな力量の変化が起こります。

命式内では成立していなくても、大運や年運で残りの支がやってきて突然成立することも。運勢的に加速度的な変化を起します

b0389986_22163752.jpg
北方合・・・子・亥・丑の3つが揃うと「水の五行」が強められます。子-亥、子‐丑の2つだけ揃った場合は「北方合半会」と言います。亥-丑の場合も「半会」に準じる強さを持つと見ます。

東方合・・・卯・寅・辰の3つが揃うと「木の五行」が強められます。卯-寅、卯‐辰の2つだけ揃った場合は「東方合半会」と言います。寅-辰の場合も「半会」に準じる強さを持つと見ます。

南方合・・・午・巳・未の3つが揃うと「火の五行」が強められます。午-巳、午‐未の2つだけ揃った場合は「南方合半会」と言います。巳-未の場合も「半会」に準じる強さを持つと見ます。

西方合・・・酉・申・戌の3つが揃うと「金の五行」が強められます。酉-申、酉‐戌の2つだけ揃った場合は「西方合半会」と言います。申-戌の場合も「半会」に準じる強さを持つと見ます。

この「方合」や「三合会局」それ自体に良し悪しがあるわけではありません。旺じる五行が「悪神・忌神」ならば「凶」、「用神・喜神」ならば「吉」と判断します。

<三合会局>

「方合」ほどの大きな力量ではありませんが、3つの支が揃うことで特定の五行がにわかに強くなる組合せがあります。蔵干の中に「同じ五行を含む支」が手を取り合って、ちょうど正三角形(120度)を描くようにして一時的に団結するものが「三合会局」です。大運・年運で成立すれば運勢的変化を引き起こす可能性があります。

水局・・・「子」を中心として、蔵干に「壬癸」を含んでいる「申・辰」と一時的に団結します。子-申、子-辰だけでも「水局半会」と言います。ただし、旺気の主催者である「子」がいなければ成立しないので、申-辰だけでは半会とはなりません。子の変わりに「亥」が主催者になって擬似的な会局を起す場合もあります。
b0389986_22175530.jpg
火局・・・「午」を中心として、蔵干に「丙丁」を含んでいる「寅・戌」と一時的に団結します。午-寅、午-戌だけでも「火局半会」と言います。ただし、旺気の主催者である「午」がいなければ成立しないので、寅-戌だけでは半会とはなりません。午の変わりに「巳」が主催者になって擬似的な会局を起す場合もあります。
b0389986_00105964.jpg
木局・・・「卯」を中心として、蔵干に「甲乙」を含んでいる「亥・未」と一時的に団結します。卯-亥、卯-未だけでも「木局半会」と言います。ただし、旺気の主催者である「卯」がいなければ成立しないので、亥-未だけでは半会とはなりません。

この木局ですが成立条件がやや煩雑で、卯-亥の木局半会が成り立つに「丙」や「午巳」の火が必要となり、卯-未の木局半会が成り立つためには「壬癸」や「子」の水が必要になります。

さらに、この木局と金局は、さきほどの水局・火局に比べると力量的にも団結的にもさほど強いものではありません
b0389986_00121108.jpg
金局・・・「酉」を中心として、蔵干に「庚辛」を含んでいる「巳・丑」と一時的に団結します。酉-丑だけでも「金局半会」と言います。ただし、旺気の主催者である「酉」がいなければ成立しないので、巳-丑だけでは半会とはなりません。

この金局についてですが、「巳」は蔵干に庚を含むものの本来は旺火の支であり、火は金を剋しますから、巳中の庚は全く実態がありません。よって、酉-巳で半会、酉-丑-巳で金局が完全に成立するためには、よほど命式や大運で金気(申酉・庚辛)が重々していることが条件となります。
b0389986_00121983.jpg
<七沖>

十二支同士がお互いに反発し合って争い合うのが「沖」です。自分から数えて7番目の支と沖になるので七沖とも言います。

子-午、亥-巳、申‐寅、酉‐卯、はそれぞれ、水剋火、金剋木の方向性があり、剋を受ける側が決まっています。
b0389986_01020135.jpg
ただし、命式の並びが、巳午などの場合は、本来剋すはずの水(亥)が、力量が強く団結している火(巳午)によって反対に剋される「反剋」という現象が起きることがあります。

これに対して、戌-辰、丑-未は、どちらも雑気の土の支なので、上記のような五行の明確な争いは起きません。「朋沖」とも呼び、それぞれの蔵干の力量が弱くなるぐらいに考えればよいかと思います。

「沖」は地支同士の争い合いであり、命式に少なからず動揺を生じさせます。精神的・内面的に落ち着かない作用がありますが、沖自体が必ずしも凶ではありません。

沖され剋を受けて弱められる支が「悪神の五行」であるならば吉作用になる可能性がありますが、用神・喜神の支が剋され弱められるならば明確な凶作用となります。

天干の通根との関係でいうと、たとえば、日干が甲木で、地支に寅があって通根している時に、申が来て寅が沖を受けてしまうと、根としての作用が弱まり「根が無くなる」「抜根する」と言います。

以上のような、十二支の特殊作用(方合・三合会局・七沖)によって、来りくる大運・年運ごとに命式に対して様々な変化が生じてきます。足りていなかったパズルピースが揃って、突然に大きな力量変化が発生することもあり、未来予測の視点から無視することができません。

[PR]
by astro_suimei | 2017-10-24 00:13 | 地支論 | Comments(7)
Commented by 勉強中 at 2018-09-22 22:42 x
分かりやすい説明をありがとうございます。助かりました。
Commented at 2018-10-26 09:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by astro_suimei at 2018-10-28 21:25
Commented by astro_suimei at 2018-10-28 21:38
としていて自分が楽をしたいだけの命式の人である可能性も)

鉱毒・泥土の汚染を濾過浄化するには用神の甲木をどれだけ用いるかに掛かっています。

自分や身内と無関係の第3者の幸せのために、社会的弱者のために、無償で奉仕する、思いやりの精神と実践を重ねていくことが、命式の濁りを軽くする唯一の方法です。

幸いに大運では、乙巳→甲辰→卯寅と続くわけですから、パラパラと用神が巡ってきます。用神を活用して先天的な傾向にしっかり抑制修正を掛ける努力をなさって下さい。

もしかすると、甲の大運で、甲己の干合で己土が合去しますから、今の旦那様とのご縁は切れる可能性が無いとも言えません。

ただし、これは用神が濁りを去る吉作用ですから、離縁のプラス面は後になって意味が分かってくるのではないでしょうか。死別ではないと思います。

基本的に自分が好きになって選び取った相手との結婚はお勧めはしませんが、

すでに結婚されているのですから、今の旦那様を大切にして尽くしながらも、騙されたり裏切られたりすることがないように慎重で賢明な結婚生活を送って下さい、としか私からは申し上げられません。
Commented at 2018-10-29 00:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by astro_suimei at 2018-11-02 20:52
> mimi27pinkさん
ご心配でしょうからご主人の件だけ追記しておきます。

己 庚 丙
丑 寅 辰

辛壬癸甲乙丙丁戊
卯辰巳午未申酉戌

官殺が旺じる月に生まれ極弱に近い命式で、神経質なところがあり身体もそんなに強健じゃない方かと思います。

30才過ぎるまでは虚弱体質(胃腸が弱い等)で精神的にも迷い悩みが多い時代を過ごしたのではないでしょうか。

幸い大運では、巳午未と日干の旺運を行って用神が巡ってきますから、病気や事故での死別という点では心配ないと思います。

お金を派手に撒いたり、借金を作ったり浮気をしたりという心配も無い人のように思います。

原命式からすると、真面目ですがメンタル的に思いつめて一杯になってしまいやすい方なので、思いやって内助の功でフォローしてあげるとよいでしょう。
Commented at 2018-11-03 13:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


四柱推命/西洋占星術/ホラリー/五行易 などの実践研究を行うサイトです


by アプレイウス=ルキウス

プロフィールを見る

最新の記事

死生観と輪廻転生について
at 2018-11-29 07:35
西洋占術の背後にある思想 -..
at 2018-11-28 07:39
運命と自由意志について
at 2018-11-26 23:58
古典風水の基本のき ~ 玄空..
at 2018-11-21 07:35

カテゴリ

全体
四柱推命の基本
十干論
地支論
旺衰論
通変論
用神論
大運論
恋愛結婚運
偏った命式の特徴
練習問題(構造分析)
著名人の命式研究
人間論・人生哲学
西洋占星術
雑記
五行易(断易)
風水学・方位占

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
恋愛・結婚

ブログパーツ