木下優樹菜さんの命式

フジモンとの夫婦生活をびみょーんな感じで
本人が言っているので調査してみました。
b0389986_23364108.jpg
この人は、身弱の丁火で、涼真くんと同じように
専旺干支で強力な用神「甲寅」がやって来たことで
21歳ごろから急激にスターダムに躍り出ている命式です。

ちょうど「ヘキサゴン」でお馬鹿タレントで
大ブレイクしたのが20才ごろだったのでしょう。

よくある国民的大女優やトップ女性歌手・女芸人のように
気力迫力十分でグイグイ前に出て活躍できる身旺タイプではありません。

むしろ、一般的イメージとは違って非常に女性的なタイプです。
地支に亥水が並び、女性らしさの「水の星」が多いからです。

本当は、自分が世の中に出ていってバリバリ活躍するよりは
強い男性に頼りたい、力強くリードして欲しい
という乙女ごころ満載のタイプです。

おそらくフジモンは優しすぎて漢気やオラオラ感が皆無であるので
本来ゆっきーな自身が惹かれやすい「オラオラ系」の強い男性像とは
まったく異なるということなのでしょう。
なので、良いパパ、優しすぎる夫では満足が得られないのです。

しかし、丁火身弱で、水の官殺が悪神になる命式ですから
自分が好きになりやすい「壁ドンオラオラ系」と結婚したならば
夫に振り回されて苦労しやすい運命傾向を持っています。

ちなみに、女性の恋愛判断全般については

用神の木星が、甲寅→乙卯とまだあと10年続くわけですから
今すぐ離婚したりということは起きないでしょう。
タレントとしても10年ぐらいは活躍し続けるでしょう。

しかし、41才になり用神が去って丙火の比劫運に入れば
良くない自立運となり、熟年離婚、協議離婚の可能性が出てきそうです。

丙辛の干合で、月干の財星が消失しますから
いろいろと厄介なことになりそうな気配がします。

こういう風に見ると、本人が好きになるタイプの異性が
本当に本人を幸せにしてくれるわけではない、ということが分かります。
それは悪神の巧妙な誘惑の罠、運命の落とし穴である可能性が高いのです。

[PR]
# by astro_suimei | 2018-01-25 23:55 | 著名人の命式研究 | Comments(0)

竹内涼真さんの命式

丁火の有名人つながりで最近話題の竹内涼真さんを見てみました。
b0389986_23021665.jpg
ちょうど強力な用神の星「甲寅」が大運で到来していることが
この人を短期間で人気者スターに押し上げたことが分かります。

しかし、その用神の木星があと2年もすれば切れてしまいます
確かに今は人気絶頂ですが、2年後を考えれば危ういところがあり
身の処し方に注意しなければ、2020年ごろに足を掬われる危険があります。

雑気の辰月に生まれていますが、酉金があり丑があります。
酉と辰は支合という特殊な関係で結び付きあう作用もあり
酉と丑は金局を結ぶ支で、潜在的に財星の金を強める構造をしています。

日干の丁火が通根する午巳未の支がなく、もともと身弱なのですが
月干に丙火があるために、快活・積極的・男性的に「見える」のでしょう。

しかし、天干に並ぶ火星と、地支に旺じる金の財星とでギャップがあり
見た目の印象と、本人の内面やプライベートな性質はかなり異なる人です。

天干に出ていない(目には付かない)ところで、
地支にのみ金の財星が、酉丑や酉辰で局・合して旺じるということは
世間の目に触れないところで、女性関係が複雑で賑やかだということです。

大運で「甲寅」の用神がいる間は、難をうまく隠す作用が働いて
女性問題が露見して、それが本人に不利に働くことはありませんが

用神の木星があと2年で去ってしまえば、次の大運は「癸丑」であり
急激に「身弱」に転落し、癸水の官殺によって剋され始めます。

しかも、2020~2021年には、年運で庚子・辛丑が来て
地支に隠れていた「財星」が天干に顕われてくるわけですから

2021年の辛丑は、丙辛の干合で社会運の月干が揺らぎ
丑酉丑の重なる金局で女性関係が複雑を極めます)

プライベートでは隠れて見えなかったゴチャゴチャした
女性問題(複数の女性とのややこしい絡み)が一気に露見して
かなりのバッシングを受けそうな予感がします。

このように、大運が大きく切り替わる時には
いつに増して自重して慎重を期さなければならないのですが

おそらく、今が「わが世の春」の大絶頂期にいて
イケイケ気分で有頂天にいるでしょうから
難を避けるような慎重さが働かない可能性が高いですね。
少し心配な命式だといえます。

[PR]
# by astro_suimei | 2018-01-25 23:19 | 著名人の命式研究 | Comments(0)

高畑祐太さんの命式

女性スキャンダルを起した高畑祐太さんの命式です。
b0389986_22444308.jpg
丁日で酉月に生まれ、3つの酉金ばかり並ぶ偏った命式です。
推命学の教科書に出てきそうな「財星大過」の典型です。

三柱だけ見たところでは、日干を助ける星(木火)が皆無であり
もし時柱が「庚戌」であれば「従財格」になる可能性があります。
b0389986_22470672.jpg
ただ起している事象から推察するに、財星の忌象が出ているわけで
ここでは従財格ではなく、偏りすぎた内格と見ておきます。

用神は「甲木の印星」しか取れません。

金の財星が大過しており、財星=女性の星であるので
女性縁が強く、女性に対する欲が深いことが分かります。

しかし、日干無根の身弱ですから、力量バランスから
財星(女性)の方が有利であり、日干を振り回して弱めるのです。

本人は「自分はモテる」と錯覚して、女性を追いかけるわけですが
力量バランスが崩れているために、女性に裏切られ振り回されるのです。

女性問題以外にも、財星はお金の星、楽して稼ぎたい欲心の星ですから
よくよく自制して、堅実で計画的な生き方をしなければ
莫大な負債を抱えやすい傾向を持っています。

[PR]
# by astro_suimei | 2018-01-25 22:57 | 著名人の命式研究 | Comments(0)

乙日午月生まれ

b0389986_22215463.jpg
火が極まる午月に生まれている乙木さんです。

三柱に通根できる寅卯の支はありませんから「身弱」の命式であり
丙火が天干にあり月支「午」に通根し、甲木から生じられて最強です。

命式で最もよい働きをしているのは「子」の水ですが
午子で七沖の関係にあり、力量が弱くなってしまっています。

悪神は「火の食傷」で、食傷が悪い作用を起す場合の
衝動的に言動する、後先よく考えないで行動する
感情の振幅が激しく気分屋、という傾向が出てきやすい命式です。

水の印星が弱く、寅卯の通根が無いわけですから
先を見通して計画的に行動させる思慮(水智)が働かず
困難や障害に遭った時に、忍耐して最後まで諦めずに頑張り抜ける
根気強さ、根性、持続性に大きく欠けるのです。

この命式は、寅卯の根を痛めて抜根してしまう倒木の酉金が日支にあり
物事を簡単に諦めてしまったり、心が折れて投げ出してしまいやすい
ことを暗示しています。

用神はまず癸水の印星が何よりも必要となり、続いて寅卯の通根を求めます。

身弱の場合、甲木の比劫を助ける星として喜ぶことが多いのですが

この命式のように、火の食傷が強く、水の印星が弱い場合には
甲木が来れば、ただでさえ枯れている水が吸い上げられてしまい
完全に水が枯渇してしまい、ますます思慮節制(印星)が働くなり
比劫によって強気になったことで、さらに衝動的に行動する悪循環に陥ります。

この命式は、仮にも地支に「子水」が存在しているので
完全に水が消滅することにはなりにくい構造ですが

今年のように戊戌などが来れば、水は塞がれて潰れ易く
衝動的暴走や感情的爆発を制御してくれる水の印星が機能しにくくなります。
特に今年は自制して注意を要する年回りといえます。

[PR]
# by astro_suimei | 2018-01-25 22:40 | 命式鑑定集 | Comments(1)

丁日申月生まれ

b0389986_14415340.jpg
この人も推命学の教科書に出てきそうな特定の五行に偏った命式ですが
先ほどの酉月生まれの丁火さんと少し違って
癸や丑といった水の官殺が入っている点がやや複合的になっています。

基本的には、金の財星大過型ですが、
この命式では、金生水と財星が官殺を転々と産んで
弱い日干を剋してくる財官連動型になっています。

地支は、申、酉、丑とあります。
申酉で西方合し、酉丑で金局半会して、いよいよ金星を強める配置です。

財星に振り回され、財星に苦労する運命傾向を持った人です。
このように、財星が大過する人は、
お金を扱う仕事に縁が深くなりやすく、お金の問題で苦労します

一般男性ならば、財星=女性の星でもあるので
女性にはよくモテて、異性関係が止むことがない女たらし型になりえます。

財星大過の人は女受けがいいイケメンさんが多い傾向があり
(外見だけでなく、女受けする魅力が強いということです。
女性に優しい気配りができたり、甘いムードを持っていたり)
始めから女性に縁ができて苦労するようになっていたりします。

(同じように、女命で官殺が大過する命式は
男受けが良い美人に作られていて、もともと男縁が強く
要らない男ばかり引っ掛けて苦労するようになっているわけです)

しかし、その場合も、日干無根で極弱ですから
女性(相手)のペースに振り回されて、女性に裏切られ
女性に貢いで負債を大きくして消耗するような生き方になりがちです。

この人が、日干庚の人と縁ができて付き合ったのであれば
庚の人に振り回されて苦労することは目に見えています。
これが運命(悪神)の為せる巧妙な引き寄せ・誘因力なのです。

この人を幸せにしてくれるのは
甲木の人、もしくは寅卯月生まれの人です。

先ほどの丁日酉月の人と同じように
用神は「甲木の印星」しか取れません。

比劫の丙火はいちおう喜神ではあるが
変な自信を起させて突っ走らせる副作用があり
博打的な愚行をしないように自制しなくてはなりません。

堅実に、地に足をつけて
甲の印星の方向性で、知識や技能を学んでいく努力を続けていく
根気や継続性を養っていかなくてはなりません。
もともと根気と持続性に乏しい人なのですから。

[PR]
# by astro_suimei | 2018-01-24 16:43 | 命式鑑定集 | Comments(0)


四柱推命/西洋占星術 を実占レベルで研究するサイトです


by プトレマイオス

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

木下優樹菜さんの命式
at 2018-01-25 23:55
竹内涼真さんの命式
at 2018-01-25 23:19
高畑祐太さんの命式
at 2018-01-25 22:57
乙日午月生まれ
at 2018-01-25 22:40
丁日申月生まれ
at 2018-01-24 16:43
戊日酉月生まれ
at 2018-01-24 16:05
庚日寅月生まれ
at 2018-01-24 15:58
丁日酉月さん
at 2018-01-24 15:24
2018年はどんな年になりそう?
at 2018-01-12 10:59
恋する四柱推命
at 2018-01-10 21:30

カテゴリ

全体
西洋占星術
四柱推命の基本理論
十干論
地支論
旺衰論
通変論
用神論
命式鑑定集
著名人の命式研究
雑記
未分類

検索

ブログジャンル

スピリチュアル
科学

以前の記事

2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月

画像一覧

記事ランキング

最新のコメント